お問合せはこちらまで

週刊文春の記事について(2017.3.2)

3月2日発売の週刊文春に弊社子役の撮影が深夜まで行われたとの記事が掲載されました。

弊社は、平成29年1月20日金曜日及び21日土曜日の両日とも午後8時前に撮影が終了することを条件に業務を受け、8時で撮影が終了する旨スケジュールにも明記されておりました。

しかし、深夜まで撮影が行われた事実が事後報告で判明しました。

弊社は、制作会社に対して二度とこのようなことが発生しないよう厳重に抗議を行いました。その後はスケジュールの組み直しがなされ、午後8時以降の撮影はなくなりました。しかし、上記両日の撮影において、午後8時以降未成年者に撮影を行わせる結果となったことについては、未成年者の午後8時以降の労働を禁ずる法の主旨に反する行為であり、弊社の管理体制にも問題があったと認識しております。今後このようなことが二度と起きないよう、再発の防止に努めさせて頂きます。所属の皆様及び関係者各位に多大なご迷惑をお掛けしたこと深くお詫び申し上げます。

株式会社クラージュ
代表取締役 小林則之